ピアスを付ける年齢

男性でも女の人でもピアスをする人からすれば、ピアスの贈り物は思わず喜んでしまうと思いますが、どうですか?衣服や季節の移ろいに合わせるようにピアスを替える人が多いです。ピアスはたくさんある方がいいのです。ピアスはその日1日体の一部に付いているアクセサリーなので、贈った人の思いも長時間とどまってくれます。
ピアスには、利用してもよい年齢などはとりわけ設定されていませんが、だいたい15、6歳くらいの間に使用をはじめるのが多いです。近頃ではもっと早い時期に身に付ける方もいます。世界においては、赤ん坊の時期にピアス孔の施術を実施するところもあるそうですので、エリアによりだいぶ異なります。

ちょっと前まではピアスと言えば、日本では女性が楽しむアクセサリーの1つでした。しかしその後、男性アイドルなどがピアスを付けたままドラマなどに出始めたため、一般の男の人たちもピアスを装着するようになったのです。男の人は片方の耳にだけピアスを付けるなどちょっと前まで決まりが存在しましたが、今はそのようなルールも無くなっております。
以前から衰えず、ピアスは装飾品の中で抜群の人気を得ています。ディテールのファッション性を高めるという用途では非常に有効的な製品でありまして、中でも女性からの利用は大きいはずです。大半の方は高校に入ってからや大学生になった頃から身に着けはじめますが、世界的に見れば赤ちゃんの時分からつけ始める方もいらっしゃるそうです。
素敵な見た目のピアスは、今日では本当に増えたと思います。簡単な丸型やチェーン型だけでなく、ユニークなフォルムを成したものや、さまざまな絵柄が入れられたものなど、自分好みのアイテムが必ず探し出せるのは良いことだと思います。依頼すればオーダーメイド製品も比較的容易に作れるので◎です。

岩波書店出版の『広辞苑』を見ると、ピアスとは体の一部に細いホールを作って、そのホールに通して付けるイヤリングだと記述されております。英語で書くならpierced earringsとなります。ピアスはpiercedのカタカナ表記だと言えるのです。イヤリングの部分が省かれてピアスと言われているのです。
女の人の場合は装身具を身に付けていても全く変ではないので、オフィスでピアスをしていても許されます。女の人の場合には、片方の耳だけだとかえって目立ってしまうので、むしろ公式の場面では両耳にピアスをした方がいいです。むしろフォーマル感が増してくれるのです。
耳たぶに付けるピアスが一般的ですが、大昔のローマにおいては、大人の男性が乳首の先にピアスを付けていたとの記録も存在しています。古いローマでは半裸にマントを羽織っていたため、そのマントがずれてはだけないように乳首に付けた金具で固定していたようなのです。もともとは装身具ではなく実用品だったのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>